片思いの甘酸っぱさや失恋の辛さが懐かしい

私はもう結婚して子供がいます。落ち着いてしまってるためなのか恋愛したいなあと、たまに思います。

私はもうあまりおしゃれして飲みに行く事がありません。

家族で出掛ける事はありますが、夕方には帰ってきます。そして友人と飲みに行っても、ナンパされる事もないですし、
子供がいると恋愛の対象外という目で見られます。ドキドキする事はありません。

私が若い頃は片思いの人に頑張って話しかけて、一緒に写真を取ってもらう事だけでドキドキしました。そして告白する時はすごく緊張していました。

そのドキドキが懐かしいです。そして振られた時は、食欲がなくなったり、もう生きていけないと思いました。流行りの歌に自分の気持ちを照らし合わせて、泣いたりもしてました。思い出すと恥ずかしいのですが、同時に懐かしいです。

たまに若いカップルが恥ずかしそうに手をつないで歩いていると、私もあんな時代があったなあとため息がでます。

まだ結婚しないで恋愛している友人が羨ましいです。いまだにドキドキして楽しんでるのかなと思います。

結婚して子供を産んで、幸せな道を歩いているのですが、それと引き換えに青春を手放してしまったと、若いカップルを見ながら感じています。

京都デリ情報サイト「京都デリヘルセブン